後頭部の薄毛

後頭部の薄毛の治療は仙台中央クリニックにお任せください

後頭部の薄毛の発症

後頭部の薄毛に関し、御相談を頂いています。前頭部は鏡で容易に確認できますので薄くなってくると薄毛に気付くことが出来ます。しかし、後頭部周辺は、目が届きにくいため、薄毛が発症していることに気づくのが遅れることがあります。家族や友人からの指摘で初めて発症に気がつく方もいます。自分では見えない部分だけに、却って人の視線が気になって精神的なストレスが増えてしまいます。後頭部の毛量が減少していないか、合わせ鏡を使い、薄毛の広がりがないかチェックをしておいてください。

後頭部の薄毛の特徴

若々しさや清潔感を保つために髪の印象は重要です。後頭部の薄毛は10代や20代でも発症する可能性があり、薄毛は気づかないうちに進行していきます。髪の毛が細い、他の部位に比べて短い、ボリュームが感じられない、鏡を見て頭皮が透けて見えるようであれば、薄毛の初期症状です。できるだけ早い対策を講じることが大切です。

後頭部の薄毛の原因

毛髪は、正常なヘアサイクルで生え変わることで健康な状態を保っています。ホルモンの乱れやストレスの増加、生活習慣の変化などによって、頭皮の環境が悪化すると、毛周期のバランスが崩れて、健康な髪の毛が成長しないまま抜けてしまい、後頭部の薄毛の原因となります。

後頭部の薄毛が改善しない

薄毛は複数の原因が絡み合っていることが多く、自己流の治療は却って薄毛を進行させることがあり、注意が必要です。育毛剤や頭皮ケア用品を購入し、自己流で対策するより、症状が軽いうちに専門医のもとを受診し、自分に合った治療を受けることをお勧めします。後頭部の薄毛は頭皮に毛母細胞が存在している限り改善します。適切な治療を選択することができれば、健康な髪のボリュームを取り戻すことが出来ます。

後頭部の薄毛の治療

後頭部の薄毛治療には再生医療の技術を応用したハーグ療法という毛髪再生治療があります。成長因子を頭皮に直接注入することで、毛母細胞を活性化させ自己毛髪を再生させます。ハーグ療法は女性にも効果があり、年齢や性別を問わず治療できるというメリットがあります。

後頭部の薄毛治療のリスクやデメリット

  • 治療による発毛の効果に個人差を認める場合があります。
  • 治療部位に赤みがでることがあります。
  • 注入時にチクリとした痛みを感じることがあります。
  • 注入に要する時間は5~10分程度です。
  • 4週間に1回のペースで通院が必要です。
  • 施術部位を強く刺激しないようにする必要があります。

薄毛治療症例のビフォーアフター写真

後頭部の薄毛

20歳、男性。若ハゲの治療、後頭部の薄毛

症例経過

遺伝的素因のある若ハゲの症例です。10代から若ハゲや薄毛が進行してきた為に仙台中央クリニックに御相談いただきました。前頭部から頭頂部、後頭部に広範囲に若ハゲが進行していました。内服薬とハーグ療法により若ハゲの治療を開始しました。治療回数を重ねるごとに、髪の毛は増えて、ハゲや薄毛は改善しました。

症例解説

遺伝的素因がある場合、若ハゲが10歳代から進行することがあります。前頭部、頭頂部、後頭部を含めた広範囲に薄毛が進行します。老けた外見になると共に、友人からからかわれることがあり、悩んでいる方が多いようです。近年、毛髪再生医学の進歩により、新治療法が開発され、若ハゲに対する増毛効果が期待できるようになりました。出来るだけ早期から治療を開始すると治療効果が高くなります。早めに専門医療機関を受診されることをお勧めします。痛みや腫れのリスクがあります。