地肌が透ける女性薄毛

地肌が透ける女性薄毛の治療は仙台中央クリニックにお任せください

地肌が透ける女性薄毛の発症

女性薄毛により、地肌が透けることがあります。髪はハリコシがなくなり、うねりが目立ちます。さらに髪は細くなり抜け毛や薄毛などが目立ってきます。徐々に進行するので、気づいたときにはかなり進行しているケースもあります。

地肌が透ける女性薄毛の特徴

女性の薄毛には、頭頂部やつむじを中心として頭髪全体が薄くなり地肌が透けてしまうタイプが多く認められます。照明や太陽光などで地肌が透けて頭皮が目立ちます。また髪が濡れるとハゲてるように見えることもあります。頭皮が透けて見えると実年齢よりも老けて見えるようになります。女性の髪は見た目の印象に大きく影響します。ボリュームのある美しく艶やかな髪の毛は健康的な印象を与えます。年齢を感じさせない髪の毛を保つために、薄毛をくい止めて、美しい髪を取り戻すためには薄毛治療が必要になります。

地肌が透ける女性薄毛の原因

生えてくる髪より、抜け落ちる髪が多くなることで、女性薄毛は進行し地肌が目立つようになります。女性薄毛は、ホルモンバランスの変化、加齢やストレスなどにより発症します。また、睡眠不足や偏った食生活など生活習慣の乱れ、過度なダイエットによる栄養不足で、薄毛が進行することもあります。ヘアサイクルに異常をきたすと、成長期の期間が短くなり、休止期が延長します。毛髪が成長する前に抜けてしまうので、髪のボリュームが減り地肌が目立つようになります。

地肌が透ける女性薄毛が改善しない

女性の薄毛は、ホルモンバランスの変動が関係しているため、自己ケアや民間療法では改善しません。自己ケアや民間療法にこだわると、徐々に進行して治療のタイミングを逃してしまいます。早めに医療機関に相談するのが良いでしょう。根本から女性薄毛を治療する必要があります。

地肌が透ける女性薄毛の治療法

地肌が透ける女性薄毛は一度医療機関へ相談してみましょう。頭皮や毛髪の状態を診察し、アドバイスが可能です。仙台中央クリニックでは、地肌が透ける女性薄毛に対し、ハーグ療法を行っています。ハーグ療法は認定された医療機関でのみ行われる治療です。薬液を頭皮に直接注入することにより、毛髪の再生を促します。ハーグ療法で用いる薬液は、毛髪再生の成長因子を含み、毛母細胞を刺激して、細胞分裂を促します。休止期が長くなっているヘアサイクルを成長期へ移行させます。軟毛や産毛を、太くハリやコシのある硬毛に育てます。

地肌が透ける女性薄毛のリスクやデメリット

  • 治療後は頭皮の赤みが、起こることがあります。
  • 薬液を注入する際に、チクッとした痛みを感じます。
  • 治療後、患部の状態が落ち着くまで、頭皮を強くこする様な刺激は避けてください。
  • 完全に毛髪が失われ、頭皮が硬くなっている場合は、毛髪の再生が誘導されないことがあります。
  • ヘアカットは治療から3日以上空けてくだい。
  • 治療の効果や経過には個人差があります。

薄毛治療症例のビフォーアフター写真

地肌が透ける女性薄毛

46歳、女性。地肌が透ける女性薄毛

症例経過

40歳ごろから薄毛が進行し、地肌が透けるようになった症例です。髪が薄くなって髪型が決まらず外出できなくなってしまい、薄毛治療を決意して仙台中央クリニックに御相談いただきました。前頭部から頭頂部にかけて薄毛が進行し、地肌が透けていました。抜け毛を食い止め、発毛を促すことを目指し、ハーグ療法を開始しました。治療後は抜け毛が減り、3回目くらいから、毛髪の再生が認められました。治療と共に、髪の毛が増えて、髪の毛の量が安定しました。

症例解説

女性の薄毛は、頭部全体で薄毛が進行し、地肌が透けることがあります。最初は分け目の周辺で地肌が見えはじめ、その後、前頭部から頭頂部でも地肌が透けるようになります。本来は成長するはずの髪の毛が未成熟のまま抜け落ちる為に、地肌の露出は進行していきます。髪のコシがなくなった、抜け毛が増えた方は要注意です。セルフケアをすでに行っているけれど変化がない場合には、医療機関の受診をお勧めしています。頭皮の内出血のリスクがあります。

地肌が透ける女性薄毛

31歳、女性。地肌が透ける女性薄毛

症例経過

10歳代から頭頂部の髪のボリュームが少なくなり、分け目の地肌が透けてきた症例です。髪をセットしても思い通りにならなくなり、気持ちが落ち込んで、次第に外出する回数も減ってしまいました。このまま薄毛の悩みを抱え辛い思いをしながら過ごしたくないと、女性の薄毛治療のために仙台中央クリニックを受診していただきました。頭頂部の分け目周辺の毛は細く短くなり、きれて地肌の露出が見られました。女性薄毛の改善を目的として、ハーグ療法を行いました。治療4回を終えた頃から、地肌が見えていた範囲が縮小し、髪には艶が出て、髪のボリュームが増えました。薄毛が分からないまでに、自然に毛髪が回復しました。

症例解説

細く、毛切れを起こしたような短い毛は女性型薄毛症が始まった一つのサインになります。髪をセットする際や洗髪後は意識して鏡を見ることで早期発見ができます。薄毛の進行に気づいた際は、早めに治療を行うことによって、ほとんどが薄毛を克服することができます。一人で悩まず薄毛に関する情報を広く求めることが大切です。薬液の注入後、頭皮が腫れるリスクがあります。

地肌が透ける女性薄毛

38歳、女性。地肌が透ける女性薄毛

症例経過

薄毛領域が広がり地肌が透けるようになった症例です。ふんわりした髪型が作れなくなったと、仙台中央クリニックに御相談いただきました。前頭部から頭頂部にかけて薄毛が進行して、地肌が見えている状態でした。頭皮注射による薄毛治療を開始し、徐々に自己毛髪の再生が認められました。治療後は、髪の毛にボリュームが出て、髪型を容易に作ることが出来るようになりました。

症例解説

薄毛で悩む女性が増加しています。近年、ハーグ療法が薄毛治療に有効であることが分かり、多くの方に御来院いただいています。1か月に1度、頭皮に毛髪栄養因子直接注射することにより、自己毛髪が蘇ります。これまで女性の薄毛に効く治療法がなかったために、特に女性の薄毛に期待されています。薬液の注入の際に痛みのリスクがあります。