男性の生え際の後退

生え際の後退の治療は仙台中央クリニックにお任せください

生え際の後退の発症

生え際の後退とは、前頭部の髪の毛が抜けて、額が広くなる状態です。中年男性の悩みというイメージがありますが、近年、早期発症例が多く報告されており、早い方では10代後半のころから発症します。その為、生え際の後退に悩む若い男性が増えています。

生え際の後退の特徴

生え際の後退には、初期症状として髪質の変化が認められます。毛髪が軟毛化し、細く柔らかくなります。また、抜け毛が目立ち、生え際のラインがぼやけるようになります。ヘアサイクルの成長期が短くなって、毛が成長することが妨げられている状態です。髪の毛が細く短くなった、髪の伸びが遅いなどの状態は、注意が必要です。

生え際の後退の原因

生え際の後退は、男性ホルモンの過剰な分泌により生じると考えられています。遺伝による影響が大きく、年齢を問わず発症する可能性があります。放置すると進行することが分かっています。成長する毛髪よりも抜け毛の方が多くなり生え際の後退、地肌の露出範囲が広がります。生え際の後退は、セルフケアが難しいので、専門のクリニックでの治療が必要になります。

生え際の後退の要因

生え際の後退を引き起こす主な原因は、男性ホルモンですが、加齢、ストレス、食事、喫煙、生活習慣の乱れなど、いくつかの要因も関与しています。額の生え際は、もともと血流が不足しやすい部位です。血行不良を引き起こすために、毛髪に必要な栄養素が充分に行き渡らなくなり生え際の後退が引き起されます。

生え際の後退が進行

生え際の後退の進行速度は人によって異なります。ゆっくりと進行する場合もあれば、短期間に大量の髪の毛が抜け落ちてしまうこともあります。生え際の後退が進行すると最終的には側頭部と後頭部の髪の毛だけが残る特徴的な髪形になります。

生え際の後退に気づく

男性は毎日鏡をチェックする習慣がないことが多く、生え際の後退が、いつのまにか進行し、気が付いた時には大きく広がっていることがあります。薄毛治療を施さない限り生え際の後退の進行を食い止めることはできないため、早い段階で医師の診察を受けることをお勧めしています。

生え際の後退の治療法

生え際の後退は、薄毛治療を行うことにより効果が期待されます。抜け毛を抑え、生え際の後退の進行を食い止められます。進行を抑制するだけでなく、毛髪の再生を希望される方には、ハーグ療法があります。頭皮に毛髪再生因子を直接注入して、毛母細胞や周囲の幹細胞を刺激し、毛根の再生を促します。優れた発毛効果が期待できます。生え際の後退は発症してから治療開始までの期間が短いほど効果を実感し易く、適切な治療を行えば、発毛、毛量増加など改善が期待できます。

生え際の後退の治療のリスクやデメリット

  • 薬液の注入時に痛みを伴うことがあります。
  • 内出血を生じることがあります。
  • 血腫を認めることがあります。
  • 頭皮の発赤を生じることがあります。
  • 痛みが続くことがあります。
  • 細菌感染を伴うことがあります。

薄毛治療症例のビフォーアフター写真

生え際の後退

47歳、男性。生え際の後退、生え際のハーグ療法

症例経過

自分が写った写真を見て、生え際が後退していることに気づいた症例です。額が広くなり、周りの人と比べて老けた印象に見えることがショックで、髪を長く伸ばして薄毛を隠していました。しかし根本的な解決にならず却って目立っているのではないかと思うようになり、薄毛治療を決意し仙台中央クリニックに御相談いただきました。前頭部の生え際が後退し、前頭部に薄毛領域が認められました。ハーグ療法が効果的であると考え、治療を開始しました。治療回数を重ねる度に毛髪は太くなり、生え際の後退が改善され、薄毛領域が縮小しました。

症例解説

生え際が後退してきた、生え際が薄くなり始めたという状態は、男性薄毛AGAが、既に発症している兆候です。男性型薄毛AGAは自然治癒することはなく、自己ケアだけで改善することは困難ですが、きちんとした薄毛治療を行うことにより改善は期待できます。普段から、定期的に生え際や額の広さをチェックして、いち早く薄毛の進行に気づき、治療を開始することが大切です。注射する際に痛みを伴うリスクがあります。

生え際の後退

35歳、男性。生え際の後退、生え際のハーグ療法

症例経過

20代から前髪の薄毛が進行した症例です。特に何も対策をせずに過ごしていましたが、30代になり、明らかに抜け毛が増えて、前髪が後退しておでこが広くなってしまいました。ヘアスタイルの工夫をしても、前髪の薄毛が目立つために、薄毛治療を決意して、仙台中央クリニックにご来院いただきしました。額の生え際が後退してM字に深く剃り込みが入っている男性薄毛の状態でした。前髪の増毛に有効なハーグ療法を開始しました。治療を重ねるごとに前髪の発毛が認められ薄毛領域が縮小しました。

症例解説

以前よりも前髪が少なくなり、おでこが広くなった、と感じている方は注意が必要です。前髪の薄毛や禿げは男性薄毛、AGAの症状です。おでこが広くなってきた状態をそのままにしておくと、生え際はどんどん後退していきます。前髪や生え際は男性ホルモンの感受性が高く、男性ホルモンの影響により毛母細胞の増殖が抑制され、抜け毛や薄毛が起こります。おでこの薄毛に対してハーグ療法は有効で、毛髪の成長を回復させ、発毛を促します。治療により、前髪の増毛が可能です。注射する際に痛みを伴うリスクがあります。